9.26「読売」・・こんな意見もネットで出ています。

○勝手な報道はやめてほしい!
25日付「読売」が「『大阪都』大学16年度開校 1法人1校に」と書いた。「新大学構想会議」が休止しているのに、「方針を固めた」「府によると」など不確かな出所で打ちだすやり方は、様子を見ようというのか、どうもアヤシイ。
橋下市長は会見で、わが意を得たりとのべた。
「これはもう大阪のためにやらなきゃいけない」……(彼の口癖で意味は不明)
「地下鉄民営化にならぶ自治体改革の象徴になる」……(民営化は新自由主義の合言葉だけど、不都合なこともあるんやないか?それに大学をつぶすことがなぜ「自治体改革の象徴なんや。わけわからん」
「200億円以上のお金を大学に突っ込んでいるわけですから、アジアのなかでも競争力のある公立大学にもっていきたい」……(大学の値打ちを金と競争力でしか見れないというのは貧しいやないか。裏を返せば、費用対効果でしか考えず、競争力で測れない学部は無用ということか)。
そして、橋下氏は「すさまじい大抵抗があるでしょう」といっている。ご期待にそうようにしたいものですね。

○大阪の府立大学と市立大学を統合して1法人1大学にする件、実現には法律の改正が必要とのことです。地下鉄の株式会社化とたしか府市の病院の統合も特別措置法や法改正が実現の前提とされています。橋下に言わせれば、僕が日本を統治すれば法律などどうにでもなる、ということになるのでしょうけれど。
◇それと、大阪府立大学と大阪市立大学の統合、大阪都構想の当初の言い分では二重行政の排除のために統合するので、統合後の大阪都立大学は当然に府市2大学あわせたよりも規模が小さくなるはずでしたが、いつの間にか統合して国内最大級の公立大学にする話に変節していますですね。

この記事へのコメント
元府大事務・教務の退職者です。
貴重な情報をご提供いただき感謝いたします。
以下は、大学統合関連の2chにの4スレに書き込んだレスです(多少過激な部分もありますが)が、何ら反論はありません。
学生・元学生とは保持する情報の質量が違いますので。

市長ブレーンの上山信一氏は「先端研究は国立大に任せればよい。人材を集め養成する大学へ」
と新大の研究縮小及び「人材養成所化」を発言(2012.05.29第12回大阪府市統合本部会議)
橋下氏は、大阪の産官学連携拠点構想を白紙化した。

優秀教員が研究・教育意欲低下により他大学へ必ず流出は、次の通り(主に理系)。
1 先端研究廃止による研究費削減による業績達成の妨害
2 府・市の賃下げに従う教員の賃下げ
3 統合に伴う学内委員会・WG、打合わせ、文科省申請書作成、新大学発足作業など
  雑用の増加による研究・教育活動の妨害

府大・市大統合後は、研究費の削減、研究スタッフのリストラ、基礎研究の放棄、・・
安かろう悪かろうの貧乏大学で府内学生の平均レベルは確実に低下
(公立大定員減の分は、関大には逃げない)。

高等教育不毛の地に転落する大阪 >橋下知事「東大 京大 早稲田 慶応へ、進学指導特色校10校」

早大は、20年後に学部生を2割減らし,少人数クラスによる対話型,問題解決型の授業増,
全学生留学など海外学習経験をさせグローバル社会の活躍人材を育てる,
とのことであるが、府大・市大統合の貧乏大学ではこれは絶対に不可能である。

先端研究できないような大学は俗にいわゆる「社畜養成所」である。
関関同立と本質は変わらない。
上位国立と大差がついて、入試難易度は5下がる。
Posted by okupy at 2012年11月24日 07:43
 大阪の心を理解しない「外部有識者」が、大阪の歴史ある拠点大学の先行きを、自分たちの宣伝効果ねらいの狭い了見で、無責任にも、好き勝手な思い付きで強行しようとしていることに怒りがひろがるのは当然。
 個々の家庭でも貧しくても子供に教育だけは受けさせたいという親心。貧しくて借金があっても教育だけはなんとかしたい、というのは当然の社会の願いだ。行政は、そこを削って威張るのではなく、申し訳ないというべきではないのか。
Posted by 筒井 at 2012年11月24日 19:58
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14570624
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る