消費税増税が押し切られ、平成26年4月から税率が8%となります。選挙まじかである現時点で、施行前にこの公約違反にどう国民が審判を下すのかが注目されるところです。

 先日、増税施行に反対する署名をお願いするため、地域の方々と高安山山麓を回りました。日曜日にもかかわらず、この地域の産業である生花の出荷の真最中。高齢の女性が生花を束ねたり、段ボールに詰めたり、ふもとの坂道を車で運ぶ姿があちこちで見られました。手を止めさせるのも気後れするところ、「消費税を納めていますか」「6割も納税が増えます」と声をかけました。「売上1千万円超えているから納めてます」「この歳ではもうやめてるかなあ(笑)」と言いながら署名はしてくれました。

 消費税は納める人は決めていても、負担する人は明記していない税金です。「消費税は消費者からの預かり金」である、「間接税」である、というのはフィクションです。納税者である事業者は、薄々気づいています。立場の弱いものが押し付けられるものだと。

 消費税の制度そのものは、売り上げ・仕入れをそれぞれ「課税」・「非課税」・「不課税」あるいは「免税」に仕分けていく、ことに目を奪われてしまうように出来上がっています。私もこれを「訓練」して、この科目に合格しました。しかし、この税金を納税者の視点から見返してみると「応能負担」とか「負担の公平」とか申告納税とか、税金の民主的な原則の対極にあるのが消費税であるとわかります。輸出免税制度=輸出還付金制度がこのユガミのキワミにあります。輸出による消費税の還付金の3分の1が上位10社で占められている(2010年度・8700億円)というから驚きです。この原資は中小企業が大変な資金繰りをして納めた消費税です。税率をあげればあげるほど還付金が増え、下請けが苦しむ構造です。最近、「税が悪魔になるとき」(湖東京至・斉藤貴男、新日本出版社)を一気に読みました。消費税に関するあらゆる欺瞞や逆立ちの議論を解き明かしてくれる一冊です。(2012.11.5)

無料相談はこちら

開業・記帳・税務について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりからお気軽にご連絡ください。

120716_0902~01.jpg
受付時間
9:00~17:00
定休日
土日祝祭日

ご不明点などございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

072-941-7932

担当:仲本(なかもと)

大阪府八尾市の大阪開業支援室(運営:仲本税務会計事務所、税理士・行政書士・仲本和明)は、新規開業や会社設立、独立開業を目指す個人事業主や中小企業の皆さまを積極的に応援しております。法人成り・記帳代行や確定申告・税務調査から事業承継・相続税対策まで、専門家の税理士・行政書士が丁寧・親切にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

対応エリア
大阪市 八尾市 藤井寺市 羽曳野市 富田林市 南河内郡 東大阪市 柏原市 松原市 堺市 大東市 など

無料相談実施中!

お電話でのお問合せ・相談予約

072-941-7932

ごあいさつ

kao2.jpg

代表の仲本です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

仲本税務会計事務所
行政書士事務所

120716_0932~01.jpg
住所

〒581-0872
大阪府八尾市郡川4-36-4

営業時間

9:00~17:00

定休日

土日祝日

主な業務地域

八尾市 藤井寺市 富田林市 羽曳野市 河内長野市 南河内郡 東大阪市 柏原市 松原市 大阪市 堺市 大東市 門真市 守口市 寝屋川市 枚方市

会計・税制・平和・暮らしをめぐる私の視点、コラムです。

市大と府大の「統合」にモノ申したい大学人・学友の広場。統合問題についての最新情報