「新大学構想会議の統合案」に関する橋下市長の12月28日記者会見での発言

(記者)新大学構想会議で具体的統合案が出た。
(橋下)非常にアグレッシブな構想案。専門家に練ってもらった案。世界で通用する公立大學にしてほしいと要請してつくってくれた。あとはガバナンスの問題。大阪市立大学はまだ教授会が力を持っている異質な大学。教授会が力をもつなんてありえないですよ。いつの時代の大学なんですか。教授会は組織のなかの一部構成員。決定権を持つのは経営陣ですよ。そこを市立大学は意識を改めてもらわないといけないですね。府立大学がやった改革にあわしてもらうという構成だ。
動画 市長会見 H24.12.28 26:50〜30:00頃


(コメント)彼のねらいがはっきり出た発言だ。「世界で通用する公立大学」=橋下氏独特の外向けには耳障りがよいが中身のない言い回し。なによりこの間、彼らが大学予算を削って質を低下させてきた責任は頬かむり。「府立大学がやった改革」=予算でしばって言うことを聞かせたやり方。
そのうえで、大阪市立大学の教授会自治を潰す意図を赤裸々に語っている。「決定権を持つのは経営陣」だとして、大学の自治をみとめず、「そこを市立大学は意識を改めてもらわないといけない」と全大学人に全面降伏を迫っている。学問の自由、のびのびと人格を成長させるキャンパスは色褪せてしまう。師走のどさくさに、いいかげんなやり方で滑り込ませたことを、維新の成果だといばっているが、こんな勢力に大阪市立大学を好きにさせてはならない!

この記事へのコメント
 上山 信一 氏(慶応SFC教授、元マッキンゼー)のブログで、今次の新大学構想の基本戦略は、
1) 医療・介護・福祉の専門人材の強化、
2) 学校に経営の感覚を入れるための民間出身人材の育成、
3) 先端工学分野の産業人材の重視、
4) 伝統ある学部のアカデミックな蓄積の維持
とのことですが、4番の「アカデミックな蓄積の維持」は信用できません。

 理由は、今次改革の観点が、地域経済界の要請に応え、地域経済成長に役立つ
研究、人材養成に特化させる目的から本構想が編成されたはずで、
金儲けのに貢献しない基礎研究等「アカデミックな蓄積」は切り捨てられるべきものだからです。

 上山氏は、2枚舌かと思われます。

○上山信一@"見えないもの"を見よう 2013年 01月 11日 10:41
「なぜ、大学の改革はなかなか進まないのか ――公立の事例をもとに考える」
(要約、詳細はこのブログをご参照ください。)

筆者は昨年、大阪府立大学と大阪市立大学の統合の検討作業に参加した。
今回、設置者(知事、市長)に対して改革を助言する立場から実態を分析してみると、
大阪の2つの公立大学にとどまらない全国の大学に共通する難しい課題の存在に気づいた。

●大学改革の障害は何か?
第1は「学部あって大学なし」という経営ガバナンスの問題。
第2は単純に投資が不足しているということ。
第3に設置者(国=国立、自治体=公立、オーナー=私立)と大学人の直接コミュニケーションの不足。

●「学部あって大学なし」
大学改革のイロハは、人事の権限(採用、昇進、配置転換、定員管理など)を
学部の教授会から大学当局(経営者)に移すことから始まる。

●過少投資問題
2000年代、特に最近では、資金も人材も思い切って傾斜配分する必要がある。

●設置者の無関心
今回の大阪府立大と大阪市立大の統合案つくり(新大学構想会議)では、
委員と知事、市長でじっくりと討議をした。

その結果、医療・介護・福祉の専門人材の強化、
学校に経営の感覚を入れるための民間出身人材の育成、
先端工学分野の産業人材の重視、
そして伝統ある学部のアカデミックな蓄積の維持といった基本戦略が明確になった。

以上、1年弱の検討作業で気づいたことを報告した。
Posted by okupy at 2013年01月16日 12:11
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14676400
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る