竪穴式住居跡の発掘現場を見学


大竹遺跡.jpg

 

 

 

 

 八尾市大竹7丁目で竪穴式住居跡の発掘現場に遭遇しました。大阪経済法科大学花岡校舎の近くで、たまたま歩いていたおば様に声をかけられ、見学とあいなりました。

 今から1800年前の卑弥呼の時代のころ、この地方の豪族の前線基地的な住居ということで、山手に堀の跡があるとのこと。写真の真ん中のかまどの跡と右手にたくさんの弥生式土器が見えました。(2014.6.3)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15076491
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る