「統合議案の撤回・反対を」両首長・議会会派に要請

 2015.10.9大阪市庁.jpg大阪市大と大阪府大の「考える会」が、府・市議会とも本会議開会日の10月9日、府、市あての要請行動をおこないました。

 午前に府庁を訪れ、「府大と市大の『統合関連議案』の議会提出を断念し、両大学の『統合計画』を中止してください」と題する松井知事宛て「要請書」を提出、野崎・府大考える会代表が読み上げ、私学・大学課の担当者に手渡しました。また、府議会各会派に「統合計画」中止にむけ、協力を要請してまわりました。

 午後には大阪市役所を訪ね、橋下市長宛の「市大と府大の『統合関連議案』を撤回し、両大学の『統合計画』を中止してください」と題する「要請書」を提出、仲本・市大考える会世話人が読み上げ、「民意に背く議案提出に満身の怒りをこめて抗議する」と、政策企画室の担当者に手渡しました。そのあと、議会各会派に「統合計画」の中止、両大学の存続と発展にむけ協力を要請、共産党の小川市議は「橋下市長の『統合』押し付けは許せない。要請を受けとめ、がんばる」と応じました。

「学生の会」が府会に「請願書」を提出


2015.10.6請願書.jpg  「学生の会」が10月6日、大阪府議会に「請願書」を提出。この「請願書」には自民党の栗原貴子さん・共産党の議員の紹介を得ています。10月15日の府会・教育常任委員会で審査されます。また、10月8日、市大・学生支援課に「申入書」を提出。「学生対象の説明会の開催」などを申し入れました。

10月23日、この請願書は府議会教育常任委員会で審議されましたが、自民・共産の賛成を得ましたが、維新・公明の反対で不採択となりました。

 10月30日、「学生の会」の申し入れに対して学長からの回答がありました。2015.10.30学長回答.jpg

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15238448
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る